空(くう)

ドーナツの「穴」は存在するか?

四法印の次は、「空」(くう)について考える。般若心経の有名な「色即是空」「空即是色」の一説にいう「空」である。もちろん、空っぽ(空虚)という意味ではない。

「色即是空」 でいう「色」(しき)とは、仏教でいう世界の構成要素「五蘊」(ごうん)=「色受想行識」のうちの一つで、「目に見えるもの」=物質(モノ)という意味である。人でいえば肉体にあたるのが「色」であり、精神作用にあたる「受想行識」と区別される。もっとも、般若心経では「五蘊皆空」という教えも出てくるから、物質世界も精神世界も「空」である、ということになる。

従って、「色即是空」を直訳すると「モノは空である」ということになるが、モノ=空という趣旨 ではなく、モノは空という存在の仕方をしている(モノは空という状態である)、と理解すべきである。「空」は名詞ではなく形容詞なのだ。

すると逆の「空即是色」は、空という状態であるものがモノである、という意味になる。ここで三段論法。
 大前提  すべてのモノは無常であり且つ非我である(諸行無常・諸法非我)。
 小前提  空という状態であるものがモノである(空即是色)と観察される。
 結論   「空」とは無常であり且つ非我であるモノの状態である。

このように「空」とは、無常であり且つ非我であるものの存在の仕方である、と定義できる。すなわち、常に変化していながら、それ自体に存在根拠が内在していない状態を「空」という。

なお、モノの状態としての「有」と「無」の上位概念が「空」であるという向きもあるが、「上位概念」とは複数の異なる概念に共通の性質を抽出した概念をいうから、「有」と「無」に共通の性質が何であるのかを説明しなければ「空」の説明にはならない。その抽出は不可能であろう。

無常でもなく非我でもないもの(=普遍的真理)は、たとえ存在するとしても人間の言葉では認識不能である。無常であって非我でないもの(常に変化するが存在根拠を内在しているもの)と、無常でなくて非我であるもの(存在根拠は内在していないが決して変化しないもの)は、想定不可能である。無常であり且つ無我であるもの、すなわち「空」という状態であるものだけが、存在しているといえる。

では、常に変化していながら、それ自体に存在根拠がないものは、どうやって存在しているのか。それを解き明かすのが「縁起」のアイデアである。簡単にいうと、「縁」によって起こる、すなわち関係によって生起することでしか存在しない、というのである。
そして、「縁」=関係というものは、その時その場かぎりという「条件付き」である。関係がなくなれば存在もなくなる。「地縁関係」により存在する村落共同体は、住人が出て行けば消滅する。家族は「血縁関係」によって存在するが、縁がなければただの他人である。「金縁関係」により存在する友人は、金の切れ目が縁の切れ目となる。物質世界も精神世界も、そのように「縁」によって刹那的に存在しているに過ぎない、と説くのである。

Follow me!